7月23日の日記★下刈りについて
 
こんにちは


今、室内が35度になり、さすがにぼーっとしてきたので
クーラーをつけました(笑)

座ってじっとしているだけでも
ぼーっとしてしまうのに、この暑さは・・・・

そういえば、今日は一年中で一番暑い時期(大暑)と言われているので
そりゃ暑いわけです・・




ちなみに今日、
上杉・内田は現場がお休みなのでこの猛暑の中、久々の草刈りです




草を刈ってます!!






草を刈っても刈っても伸びるので大変ですが、
この下刈りはクヌギ・ナラ・ケヤキ 等の広葉樹の為でもありますからね



日本の夏は高温多湿の為、雑草が生えるのにとても適しているので
植栽木の成長を助け、劣化を防ぐためにも、下刈りはとても重要となります!


そして、前年の蓄積が残っていたり今年の蓄積が始まっていると、
下刈り後の再生力が強いので、この時期に下刈りを行うと効果があるそうです

一方、この季節の炎天下での下刈り作業は非常に厳しいものとなるので
皆伐地では、できるだけ早朝から初めて昼前には終わるように
時間の段取りを工夫するのをオススメします



なお、寒さの厳しい地方では
9月中旬以降に下刈りすると植栽木が寒さの害を受けるので注意が必要です!!



地域に合った下刈りをすることも
木を守ることにつながるんですね


時期も時期なので
なかなか大変ですが、無理をしないように頑張りましょう





ありがとうございました!
それではまた








| サンシン暖炉 | Eco活動日記! | 17:29 | comments(0) | trackbacks(0) | -
山と共に

番犬テツ皆さんこんにちは。
今週初めはとっても寒かったですね。
先日、愛媛県西条市の丹原へ山を見に行きました。
朝の6時に出発して、現地に着いたのは8時くらい・・・。
途中から歩いて登ったのですが、膝下まで雪があり、雪山登山を体験しました。
今回はその山でなく、以前ご紹介した愛媛県大洲市の山の経過をご報告します。

看板犬 テツ





昨年の12月に撮った写真です。一昨年は3haを植林したのですが、昨年は0.5ha増やして植林しました。
購入する前は杉が生えてたのですが、尾根付近のため、線香のような痩せ細った杉で、何本も枯れて倒れてました。そこで思い切って皆伐をして、広葉樹(クヌギ・ナラ・山桜)を植林しました。



冬はご覧の通り草はぜんぜん生えてないのですが、夏場は一転して草に覆われるので、下草狩りをします。この作業が山仕事では最も大変な作業で、危険を伴います。






下草狩りの作業で草と一緒に苗木を切らないように、このように竹を一緒に立て、目印にします。
ウナギの寝床のように尾根に沿った長ひょろい山でして、端から端まではおよそ3kmあります。





こちらが昨年植林した端です。写真ではあまり分からないかもしれませんが、かなりの急傾斜です。
皆伐した後、植林する前に、、『地拵え』をします。
『地拵え』とは、皆伐した後の木や枝を集めて整理し、集めたものを写真のように棚状に積む作業のことで、土壌の栄養分が下に流れないようにしたり、その後の作業をしやすくするためにします。








サンシン暖炉 (三新機械蝓砲蓮∋海閥Δ吠發鵑任ました。山の恩恵をなくして弊社の存続はありえなかったと思います。
山を乱伐したり、皆伐したままで放置したりすることには当然反対ですが、人が手を入れた山(人工林)をそのままで放置することは、もっと反対です。

放置することで、木々が弱っていき、土地に地力がなくなり、土砂崩れがおきたり水源涵養能力が低下してしまいます。
もともと広葉樹林であったところが、戦後の拡大造林によって針葉樹林に置き換えられ、手入れしないまま放置されている山が沢山あります。

こういった山を、サンシン暖炉は、動物の餌を供給してくれ、保水力の豊かな 元の広葉樹林に戻していきたいと思っています。

今まで興味や関心がなかった方や、薪ストーブユーザーさんにも、サンシン暖炉のEco活動を通じて、山の事をいろいろ知っていただく”きっかけ”になってくれればと思います。

最後までお話し聞いてくれてありがと〜〜!
ボクも山歩き、大好きです

| サンシン暖炉 | Eco活動日記! | 19:37 | comments(2) | trackbacks(0) | -
Ecoについてのサンシンの活動をチェック!

Ecoについての活動もブログでどんどん更新していきます!
お楽しみに!!

ブログでは

Eco活動日記!」

とカテゴリーわけをしているので、Ecoについてどんなことしているんだろうと思った際は、
このカテゴリーからチェックしてみてくださいね。

| サンシン暖炉 | Eco活動日記! | 17:52 | comments(0) | trackbacks(0) | -